西松建設、ロボットで斜張橋の保護管損傷を検出するシステム開発-無線操作でロボ昇降

インフラ 老朽化 ロボット 斜張橋 西松建設

西松建設、ロボットで斜張橋の保護管損傷を検出するシステム開発-無線操作でロボ昇降
2015年6月24日 日刊工業新聞

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0920150624caap.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください