サーモタイ

MTTタイプ
電気端子の発熱が収まると元の色に戻ります。(可逆タイプ)

tie2

設定以上の温度を感知すると、半透明に近い色に変色して発熱の目視確認ができます。
また、発熱が終息すれば元色に戻り、再び監視可能な状態に戻ります。


STTタイプ
発熱が終息し、常温に戻っても色が消えたままで履歴が残ります。(不可逆タイプ)

tie3

MTT可逆タイプと同じく、設定以上の温度を感知すると半透明に近い色に変色しますが、
発熱が終息しても、元の色には戻らず、発熱を感知した履歴(メモリー)の目視確認が
できます。

製品情報・カタログダウンロードはこちらから

pho_oriIndex_002pho_oriIndex_003pho_oriIndex_006pho_oriIndex_006pho_oriIndex_004pho_oriIndex_005

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください